読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しき人間の日々〜そのぬくもりに用があるBlog〜

意識高い系が本当に意識高い人間となるまでのBlogです。毎日を充実させるために書いていきます。/evernote/グルメ/音楽/断捨離/東京/福岡/生まれた所は関係ない! 本当に必要なスポットは、いつもそいつの目の前にある!

今を変えられる力のない人が、未来を変えられるわけがない

”デカい仕事がしたい”

そんな思いを胸に入社した自分(@steavejobs0814)ですが、
”今の部署では無理だ”
ということを悟りました。


そこで僕は

”手を抜かず、頼まれたことは何が何でもやりきる”

という
自分ルールを作りました。


でも、どうしても手を抜きたくなる、
忙しいことを言い訳にしている、
自分がいました。

f:id:steavejobs0814:20150514150908j:image


そして、

僕はこのままどうなるんだろう?
将来の夢なんて叶わんのかな?
昔は…。

なんて考えていた時、僕はこの言葉にあいます。

今を戦えない者に、次や未来を語る資格はない。




この言葉は、
僕が大好きなサッカー選手である、ロベルト・バッジョの言葉です。


その時僕は、嗚呼、ナンダカンダ言わず、今を懸命に生きるしかないのだ、
バッジョに言われた気がしました。

目の前の仕事


目の前にある仕事に文句をいっても、
ありがとうといっても、目の前にあるのは同じ仕事です。

つまり、目の前の仕事を上質なものに変えるのも、言われた通りにやるのも
常に自分なんです。

それだったら、僕は自分なりの付加価値をつけた仕事がしたい。

言われるがまま、『やらされている』
という感覚で仕事をしても、
自分にとなんの力にもなりません。


”デカイ仕事がしたい”

それなら、この単調な仕事を
自分のいう”デカイ仕事”にすればいい。

環境のせいとか、人のせい、会社のせいにするのではなく、与えられた環境でベストを尽くし、圧倒的な結果を残すこと、これがプロだと思います。


つまらない仕事はない


どんな仕事にも、やり遂げるか、やり遂げないかのどちらかしかないと思います。

やり遂げるか、やり遂げないか、
どちらかは自分のプライドと責任感の問題です。

それであれば、僕は徹底的に仕事をやり遂げたい。

徹底的に相手の立場に立って、
徹底的に相手に疑問をぶつけて、徹底的に怒られて…

そうすると、
自分の力不足を感じることはしょっちゅうです。

でも自分の力不足とか関係なく、立ち直る時間などなく、自分の人生はやめられない。

給料が安いから仕事がイヤとか、残業がダルいと感じることはありません。
むしろそんなことはどうでもいい。

『今日1日で必ず何かを成し遂げる』

という目標設定を行い、

毎朝その決意を胸に抱いて出社し、

自分の仕事を楽しむ。



そのことしか、自分のアタマにはありません。


どんな仕事にも、常に全力であたることができる自分でありたい、と思います。


そして、
『今、ここ』という生き方を
貫きたいです。



有るを尽くす


関連記事




f:id:steavejobs0814:20150514150842j:image