読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しき人間の日々〜そのぬくもりに用があるBlog〜

意識高い系が本当に意識高い人間となるまでのBlogです。毎日を充実させるために書いていきます。/evernote/グルメ/音楽/断捨離/東京/福岡/生まれた所は関係ない! 本当に必要なスポットは、いつもそいつの目の前にある!

今、サボっていること、後で取り返せると思っていませんか。

どうも。

最近、断捨離を始めた意識高い系(@steavejobs0814)です。


f:id:steavejobs0814:20150513103638j:image


高校時代の友達が、東京にくることになりました。

ただ、部屋が汚い…。

f:id:steavejobs0814:20150513103754j:image


さぁ!部屋を片付けよう!
と思っても、中々片付けられない…。

そうすると、僕は、YouTubeに逃げます。

なんか、いい音楽はないかな〜?

これいいかも!

しかし、YouTubeには関連動画という甘い罠が仕掛けらていまして…。

これにどっぷり浸かると

時計はもう25時…。

片付けは明日かな…。


こういう風に考えていると、



あっと言う間に友達が来る日になってしまいました。

部屋は変わらずこんな感じでした…。

f:id:steavejobs0814:20150513103754j:image
f:id:steavejobs0814:20150513104010j:image


どうしていつも先延ばしにしてしまうのか?



自分の場合、

後でやる。
きっとやるだろう。
だから、今は楽しめばいいや。

みたいな気持ちがありました。

そして、

”後で取り返せる”という、甘い誘惑

が、僕に片付けをさせませんでした。

断捨離をやろう!と決意したのはいいものの、
『今日ダメでも、明日挽回すればいいや〜』と自分に言い聞かせていました。

しかし、そのツケを翌日に回した結果、
自分がやる!っと決意したことをやったか?

答えは、 Noです。

僕は、
『今日は楽しもう。明日こそちゃんとやろう』の繰り返しでした。

そんな風な気持ちが、
あの汚い部屋となってしまったのです。


目標を設定するのは、大事です。

でも、『きっと上手くいくだろう。だから、今は楽していい。』と開き直るくらいなら、そもそも目標を設定しないほうがいいのかもしれません。

そんなときに思いだす僕の尊敬する人のお言葉があります。



すぐやる、かならずやる、できるまでやる。



私はこの言葉が、スゴい力を持っていると感じています。


「すぐやる」



ブログの文章が浮かばない、仕事に詰まってしまう。部屋の片付けができない…。

そんな時、僕の中に、

『もう少ししたら、やろう』
『あと、5分したらやろう』


という言い訳がでます。
僕は言い訳の天才なので、言い訳はいくらでもでます。

そうすると、夜になってやらなくなる。
気づかないうちに寝てしまう。

といった経験を何度もしてきました。


そうしないために、

考えるヒマがあれば、
悩むヒマがあれば、
とりあえず、やってみる
ということが大事です。

とにかく頭の中にあるうちにやってしまうことです。すぐにやらなければ、自分は言い訳をします。インターネットという誘惑に負けてしまいます。

とりあえず、
ブログの一文字書く。
evernoteを開く。
本を開く。
とりあえず…

という行為を大切にします。

仕事であれば、メールが来たらすぐに返す。今手が空いているならすぐに動かして取り組む。
こんな習慣がつくと、自分の仕事のスピードが変わってきます。


「必ずやる」



ブログに関しては意地でも続けること、
本を読むことでも、何が何でも本を開く

ということが習慣になりつつあります。

習慣にすれば、自分との勝負に勝ったと思っていいのではないでしょうか。

自分の中での言い訳や、誘惑を断ち、他の出来事を気にせず、やり切るという心意気を大切にします。




「できるまでやる」


よく「成功の秘訣は諦めないこと」と言われますが、まさにその通りだと思います。

僕が知っている成功した人、尊敬する人に共通していることは、

とにかく、諦めが悪く、頑固です。



言い訳を考えるのはとても簡単ですし、
他人から言われるのは、所詮結果論でしかありません。
そこで、辞めてしまっては勿体無い。

自分の頭で考え、行動し、それで出した結果がダメであれば、そこから上書きすることが大事です。

仕事は、学校のテストではありません。
学校のテストで赤点をとってしまえば、取り返すことはできません。

ですが、仕事は違います。
赤点をとっても、自分の力だけでなく、職場の人や、ネット、本などの知識をフル活用すれば、赤点から、合格点を取ることもできます。

でも、赤点をとれば、誰だって落ち込みます。批判されます。自信を失います。

そんな時こそ、


すぐやる、かならずやる、できるまでやる。

ことが大切なのではないでしょうか。

有るを尽くす

関連記事