読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しき人間の日々〜そのぬくもりに用があるBlog〜

意識高い系が本当に意識高い人間となるまでのBlogです。毎日を充実させるために書いていきます。/evernote/グルメ/音楽/断捨離/東京/福岡/生まれた所は関係ない! 本当に必要なスポットは、いつもそいつの目の前にある!

自分が衝撃をうけたモテる男性社員のひとこと。


どんな職場にいっても、女性を味方につけている社員さんは強いです。

もう現代だと、女性の応援なしには、
仕事を円滑に進めることは難しくなってきています。


それは、職場の男性社員さんとメシに行ったときのこと。



f:id:steavejobs0814:20150713155142j:image


職場が移ってきて間もない僕を気遣ってくれたのか、わざわざ休憩時間を合わせていただきました。


そんな気遣いができる社員さんに、
この職場の社員さんはどんな人がいるのかを聞いてみました。

前の職場は、とにかく個性が強い方が多く、アジャストするのに時間がかかり、大変だったからです。

特に女性と仕事をすることに苦労した
ことを、社員さんに話すと、
こんな話をしてくれました。

f:id:steavejobs0814:20150713155307j:image


僕は、できるだけブスから声をかけることにしている。



この話を聞いた時、この人は何を言ってるんだ?と思いましたが、
よく聞くと、真理をついているんですよね。


高校時代は、吹奏楽部という女社会。
大学時代は、コールセンターという女社会を経験した僕の経験から言うと、


女性はヒイキに敏感です。
これは男の人に比べたら、明らか。

可愛い女子にドン引きするくらいアタックしている男が、他の女の子に雑な扱いをしてしまうと、

『なんだ、アイツは。』
となる。

(その人は、普通に仕事してても)

職場の女性全員を敵に回してしまいます。

ただ、男の目線から言えば、
やっぱり、可愛い子と話したい。

可愛い子と話をしている、オレ、ドヤア。


みたいな気持ちもあります。


大切なことは、『フェアに見ていますよ。』という意思表示。


男性の場合だと、

アイツは気に入らている

アイツは嫌っている


というのが目に見えてわかりますが、
女性の場合は、そう扱ってしまうとアウトです。

これは、仕事がデキる、デキないに関わらずです。
女性の応援がなければ、もう仕事は成立しなくなってきています。

『みんなをフェアに扱っているよ。』

という姿勢を常に見せ続けたいですね。


※ただ、僕の場合、美人と仕事をしていると、どうしてもウキウキ、ワクワクしてしまいます。笑

どんなに平等に扱おうとしていても、
『可愛い子と仕事してるとき、何倍も楽しそうだよね。』

と言われて僕はまだまだだなぁと感じました。



有るを尽くす



関連記事








f:id:steavejobs0814:20150713155648j:image