読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しき人間の日々〜そのぬくもりに用があるBlog〜

意識高い系が本当に意識高い人間となるまでのBlogです。毎日を充実させるために書いていきます。/evernote/グルメ/音楽/断捨離/東京/福岡/生まれた所は関係ない! 本当に必要なスポットは、いつもそいつの目の前にある!

僕はまだまだ、バイトだった

経営者目線を持った人から成功する。

僕が大切にしてきた言葉です。
入社当時も、偉そうにこの考え方は曲げたくない!なんて思っていました。

でも、入社して1年がたち、
二年目となりましたが、

僕はまだ

”今日一日をどう乗り切るか”

というバイト思考から抜け出すことが出来ていなかったのです。

バイトの場合、
今日一日をどう楽に過ごすか?
ということを考えます。

自分の場合は、
楽に過ごす=サボるってことだと
考えています。

そのためにも、サボらず、余計なことを考えず、
とにかく全神経を集中し業務にあたる、ということだけを考えました。

しかも、
一丁前に現場を変えたい、
気持ちよく働ける環境にしたい、
と思っていました。

f:id:steavejobs0814:20150630234919j:image

そして、入社。
総合職正社員である自分は、
色々な部署を転々とします。

一か月、二ヶ月だけ違う部署へ移動なんてことになると、現場のルールや、作業の手順を覚えたころには、また、次の部署へ…
なんて感じでした。

今の部署は事務処理が多く、もの覚えが悪い自分は何回も、何回もやらないと覚えることができません。

でも自分で作業工程を覚える時間を、勤務時間に設けたら、今度は現場の人間とコミュニケーションをとれ!と言われる始末。

そんなこんなで、
1年間僕はバイトと同じように、
言われたことをやることしかできず、最悪の場合、言われたことすらできない…という。

そうすると、言われたことしかやらない指示待ち人間に僕はなってしまいました。

でも、管理者層の人間はそんな思考ではだめなんです。
彼らは1ヶ月先、3ヶ月先の事を考えている。
大企業のトップは、1年先、3年先のことを見据えています。
そして、僕の尊敬する社長はみな、1年先、3年先のことに加え、会社の社員、取引先、視聴者、そして日本の行く末等を本気で考えています。

僕のような若者に対しても、本気でアドバイスを与えてくれるのです。

それなのに自分は、次の休みはいつか、明日の出勤は遅いからラッキー、なんてことを考えています。

会社の人たちと集まれば、変える事のできない過去の話でしか盛り上がらないわけです。

f:id:steavejobs0814:20150630235045j:image

もっと先のことを見ようよ、どんなに自分ができなかったり、自信がなくても


自分が仕事ができない、自信がない場合って正直目の前のことになりがちです。

でも、自分が目標とする人物、成果があるなら、それを逆算すればいい。そのために今日できることは何か?

そう考える視点が足りなかったのかもしれません。とてつもなく高い目標でも、かみ砕いて、小さいステップにすれば、
昨日より成長した自分になることができます。
明日は、きっと、できる。

有るを尽くす


関連記事