読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しき人間の日々〜そのぬくもりに用があるBlog〜

意識高い系が本当に意識高い人間となるまでのBlogです。毎日を充実させるために書いていきます。/evernote/グルメ/音楽/断捨離/東京/福岡/生まれた所は関係ない! 本当に必要なスポットは、いつもそいつの目の前にある!

僕に足りなかったのは『おかげさま』の精神だったのかもしれない。

とあるネット記事を見たとき、
こんな言葉が書いてありました。


「おかげさまで 」
夏がくると冬がいいという 、
冬になると夏がいいという
太ると痩せたいという 、
痩せると太りたいという
忙しいと閑になりたいという 、
閑になると忙しいほうがいいという
自分に都合のいい人は善い人だと誉め 、自分に都合が悪くなると悪い人だと貶す
借りた傘も雨があがれば邪魔になる
金をもてば古びた女房が邪魔になる 、世帯をもてば親さえも邪魔になる
衣食住は昔に比べりゃ天国だが 、
上を見て不平不満に明け暮れ 、
隣を見ては愚痴ばかり
どうして自分を見つめないか 、
静かに考えてみるがいい
いったい自分とは何なのか
親のおかげ 、先生のおかげ 、世間様のおかげの塊が自分ではないのか
つまらぬ自我妄執を捨てて 、得手勝手を慎んだら世の中はきっと明るくなるだろう
おれがおれがを捨てて 、おかげさまでおかげさまでと暮らしたい

これは、ある社会活動家の話だそうですが、自分に当てはまることが多すぎて、
恥ずかしい気持ちになりました。

僕自身の考えを改めなければならないと感じます。

f:id:steavejobs0814:20150622215930j:image


僕に足りなかったのは、『感謝の心』


僕の尊敬する人は、『感謝する』
ということを、大切にしています。

感謝することが、人間が成長する上で最も大切なことだと。


しかし、
自分は社会人となって、感謝する心を
忘れていました。

『やってもらって、当たり前。』
『やるべきことをやるのは当然。』

そうしていくうちに、
自分の考えは、

善悪、損得、勝ち負けといったものでしか、判断ができない人間となってしまいました。

しかし、
僕の尊敬する人達は皆、
損得の”得”で行動するのではなく、
人徳の”徳”で行動する方達です。


物事の原因や、分析を行い、責任を追求し、仕事を進めることは確かに大切です。

しかし、
今あることに感謝し、
不満を言わず、粛々とやり抜く。
これが僕に足りなかったもの、
『おかげさまの精神』

だったのだと思います。

僕は、一歩間違うと、信頼を全部失う行為をしてしまうところでした。

しかし、
自分が足りなかったことに気づき、
それを改め、成長していく…。

その根底にあったのは
『おかげさまの精神』でした。
今まで、出会ってきた方の魅力的な考え方、立ち振る舞いを少しでも身につけたい…。

そういったことが、自分自身の新たな気づきをもたらしてくれました。



今ある環境に不満を言わず、
感謝の心を忘れず、
全力のパフォーマンスをだす。


常に頭の中にいれながら、
毎日を丁寧に生きていきたいと思います。


有るを尽くす




関連記事





f:id:steavejobs0814:20150622220303j:image