読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しき人間の日々〜そのぬくもりに用があるBlog〜

意識高い系が本当に意識高い人間となるまでのBlogです。毎日を充実させるために書いていきます。/evernote/グルメ/音楽/断捨離/東京/福岡/生まれた所は関係ない! 本当に必要なスポットは、いつもそいつの目の前にある!

話を聞くことが苦手な自分でも、耳に入ってくる言葉には、ある共通点があった。


『これ、前にも言ったじゃん。』

『何回、言わせんだよ。』


確かに前にもそんなこと言ってたけど…

何回も言わせているのは自分のミスだけど…



彼の言葉は全く耳に入ってきませんでした。

f:id:steavejobs0814:20150621113223j:image

自分の思い描いていることと、
相手の思い描いていることに
あまりにも違いがあって、

彼の言っていることには、現実味がないことを感じていました。

そして、彼の話は右から左へと流れていくのです。




そもそも、僕は人の話を聞くことが大の苦手です。

話を聞くことが苦手だから、
自分の価値観で判断したり、
聞き忘れることもしょっちゅう。


でも、彼と話ているときは、
もう聞きたくない!と体が拒否している感覚が自分の中の感覚にありました。




とにかく、彼の話にはトゲがある。



なんというか、物腰が全くやわらかないんですね…。
自分の体が疲れてるとか、つまらない話だな、と思うと全く話を聞かないんですが、彼の言葉には、全く重みを感じないし、説得力がない。

僕が話を聞くのが苦手といっても、
全く耳に入ってきませんでした。

話を聞かない自分だから、伝え方が大事

相手にちゃんと伝わる言葉になるには、
相手のメリットを考えて、
自分のメリットではなく、
相手のメリットを考えて、
刺さる言葉をチョイスするのが大切なんだ、と感じます。


そこには、

相手を『思いやる』気持ちがありました。


全く耳に入ってこない言葉には、
『思いやる』気持ちが1ミリも感じられませんでした。

話を聞くことが苦手な自分にも、
入ってくる言葉には、
『自分のことを考えてくれているんだな』

という気持ちが言わなくても、
言葉から伝わってきます。



僕は、
そんな人についていきたいと思うし、

一緒に仕事をしたい!

と考えます。

f:id:steavejobs0814:20150621113354j:image


僕が、『思いやる』気持ちをもつために




相手を思いやる、と簡単に言ってきましたが、これはとても難しいことです。



だから、まずは、

『自分のこと』だけ考えたコトを話すんじゃなくて、

『相手のこと』をよく観察して、

そこから、伝えることを大切にしていきます。





有るを尽くす



関連記事