読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しき人間の日々〜そのぬくもりに用があるBlog〜

意識高い系が本当に意識高い人間となるまでのBlogです。毎日を充実させるために書いていきます。/evernote/グルメ/音楽/断捨離/東京/福岡/生まれた所は関係ない! 本当に必要なスポットは、いつもそいつの目の前にある!

片付けがニガテな人へ〜断捨離のススメ〜

170

 
 これは、僕が断捨離をして捨てた服の数です。
 

 

 

僕は6年間住んだ汚部屋から、

卒業しました。

そして、今、キレイな部屋で、

朝ドタバタ服を探すことなく、

余裕を持って出社できています。

 

 

しかし、汚部屋を卒業するまでは大変でした。

 

f:id:steavejobs0814:20150518122532j:plain

 

僕の部屋のBefore•After

 

Before

f:id:steavejobs0814:20150513103754j:plain

 

After

f:id:steavejobs0814:20150518124433j:image

 

僕の悪い癖

 
『仕方ないよね。』
 
『後でやろう。』
 
これは、以前の僕の口癖でした。
 
そして、いつもやるべきことを先延ばしにして、やらなくてもいいこと、ムダな時間を過ごす自分がいました。
 
実は、福岡での学生時代にも断捨離をしよう!と決意していました。
 
そして、部屋を片付ける時は、1日1コゴミを捨てるということを自分ルールにしました。
 
しかし、僕と同じように、
キレイな部屋で暮らしたい、片付けたいという人に声を大にして言いたいのは
 

1日1コゴミを捨てても、

いつまでたっても部屋はキレイにはなりません。

 

絶対に。

 

これは、汚部屋を経験し、片付けられない僕だから言えることではありません。
 
キレイな部屋に住みたい、でも、
現実は汚い部屋に住んでいる、
皆さんに言えることなのです。
 

f:id:steavejobs0814:20150518123425j:plain

 

汚部屋ヒストリー

〜こうして、汚くなってゆく〜

 

1日1コゴミを捨てている時、
僕は、部屋を片付けている気分になっていました。
 
そして、だんだんゴミが散らかってゆきます。
 
その時僕は、
 
『普通にやれば、大丈夫。』
『なんとかなるだろう。』
 
と思っていました。しかし、ゴミは雪だるま式に増えていきます。
 
次第に
ゴミを捨てる数<ゴミが散らかる数
となります。
 
さらに、服(特にスーツの場合)だと、
最初のうちは、元ある場所になおしていきますが、次第に部屋のどこかにおく、
テキトーな、見えない場所にしまうことが多くなりました。
 
今振り返ると、完全に
『片付けた自分エラいな。』
 
という錯覚、気分になっていました。
 
しかし、部屋はさらに汚くなり、
手がつけられない状態になってしまいました。
 
f:id:steavejobs0814:20150518122719j:image
 

汚部屋に母が来る

 
 『どないしよ…。』
 
そう思っていた矢先、母から電話がきます。
 
『今度の休日に福岡に来るから。』
 
実家の長崎から福岡に母が来ることで僕は焦ります。
 
『こんな部屋見せれん!』
 
と思い、片付けを始めようとします。
 
ですが、
 
『どこから手をつけていいか、わからない』
 
状態だったんです。
 
そして、いつものパターンに陥ります。
 
 
『仕方ないよね。』
 
『後でやろう。』
 
そして、何も手付かずのまま、母が福岡にやってきました。
 
そして僕は、
 
母に片付けをやらせました。
 
 
部屋は別人のように、キレイになります。しかし、その後、再び僕は部屋を散らかしてしまいます。
 
 
 
結局、
 
僕の生活は何も変わっていませんでした。
 
過去の失敗から何も学ばず、全く成長していませんでした。
 

f:id:steavejobs0814:20150515213405j:plain

 
 
 

母に汚部屋のことは絶対に言えなくなる。

 
 
母が片付けてくれて、キレイになった部屋が前よりもさらに汚くなってしまった…。
 
そんなことは、口が滑っても言うことはできません。(当たり前ですが)
 
しかし、僕は片付けられない人間となっていました。
 
 
 

片付けられない人の無限ループ

 

僕の体験した片付けられない人の心理状態と、

考え方をデジモンに例えてみたいと思います。

 
 
①成長期:アグモン
状態:ゴミが少し散らかっている
思考;『まだいけんな。』
 
②成熟期;グレイモン
状態:まぁまぁキレイ
現象:服が散乱している、靴下がかたっぽしかない
思考:『頑張れば、取り返せるかな。』
 
③完全体:メタルグレイモン
状態:汚部屋
現象:包丁がどこにあるかわからない,チャリのカギを30分以上探す,身体が痒くなる。
思考:『ゴミなんてない!』『ガンガン散らかそう!』
 
完全体状態になると取り返しがつかなくなります。
 
 
そして、可笑しな考えになってしまうんです。
 
片付けられない自分が確かに存在するんですが、それを受け入れることができない自分もまた、存在するんですよね。
 
 
『ヤバい、片付けないと…』
 
『どうでもえぇわ!もっと散らかそ!』
 
『ヤバい、片付けないと…』
 
『どうでもえぇわ!もっと散らかそ!』
 
という無限ループに陥ってしまうのです。
 

母に片付けてもらっても自分がダメになるだけ

 
そして、僕は大学を卒業し、
福岡から東京に出てきました。
 
あっと言う間に、汚い部屋になります。
しかし、大学時代とは違い、母は東京まで頻繁にはこれません。僕は社会人になりました。
 
その時初めて、
 

あゝ自立しないとな

 
 
と思ったんです。
 
 
 
そんなダメダメな自分を助けてくれたのは一冊の本でした。
 
f:id:steavejobs0814:20150518122532j:image
 
 
 
 断捨離をした結果、僕は生まれ変わりました。
 
 
僕が散らかした部屋は、
僕自身の力で片付けないといけない
 
と思ったんです。
 
 
自分自身で、苦しんで片付けて、
母がどれだけ大変な思いをして片付けてくれたのかを
自分は知る必要がありました。
 
 

あえて、自分でやるということ。

〜断捨離から学んだ教訓〜

 
 
僕が母に片付けをやって貰った時のように、誰かの力を借りて、沢山のお金を払うことで、僕の六畳の部屋はスグにキレイになります。
 
 
でも、きっとスグに汚い部屋になるでしょう。
 
全部自分でや背負うことで、やりきることで、
その大変さ、キツさがわかるようになります。
 
そして、
 

自分の失敗の解決は全部自分でやれ!

 
ということことをみなさんに伝えたいです。
 
片付けをやるんであれば、全部自分やりましょう。
片付けられない自分の心はゲスでした。
 心にホコリがかかっていました。
そのことで、ムダな時間や、やらなくてもいいことに手を出していました。
周りに迷惑かけていた、ことにすら気づきませんでした。
 
本当に大切なものは何かを見失っていました。
 
でも、断捨離をすることで、
たった一冊の本と出会うことで、
自分の人生を、自分で動かせた実感がわきました。
 
だからこそ、皆さんにも断捨離に取り組んでほしい。
 
これからも、僕は断捨離で人生を変えたいと思います。
 
 
有るを尽くす
 
 
関連記事
 

 

steavejobs08.hatenablog.com

 

 

 

steavejobs08.hatenablog.com

 

 

steavejobs08.hatenablog.com