読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しき人間の日々〜そのぬくもりに用があるBlog〜

意識高い系が本当に意識高い人間となるまでのBlogです。毎日を充実させるために書いていきます。/evernote/グルメ/音楽/断捨離/東京/福岡/生まれた所は関係ない! 本当に必要なスポットは、いつもそいつの目の前にある!

これから大切にしたいこと〜クルーの方からの手紙〜

『2月〜3月にかけて、今いる職場を離れ、別業務の応援に行ってほしい。』

その内示はいきなり通達されました。

上司からの命令は絶対。


会社という組織に所属している上で、
これは、暗黙のルールです。


自分が今いる部署の仕事がやっとわかり、クルーの方とも上手くいっていた時だったので、言われた瞬間は正直、残念な気持ちになりました。
  
 その事をクルーの皆さんに告げると、皆さんに『また戻ってきてね』『色々と助かったよ!』と声をかけていただきました。そして、新卒の自分よりもこの職場で働いていただいているクルーさんにこのお手紙を頂きました。

f:id:steavejobs0814:20150426215639j:image

 お手紙を見た時、今までキツかったこと、辛かったことが全部吹っ飛びました。『この仕事をしていて良かったな〜』という気持ちになれました。

”手紙というツール

今回、手紙ってホントに素晴らしいものだなと実感しました。
 
 今はLINEやFacebooktwitterなんかで気持ちを簡単に伝えられることができるけど、手紙にはSNSにはない温かみがあります。渡す相手に気持ちが伝わるし、何よりいつまでも手元に残せておけるな、と思いました。

”どうして、手紙が素晴らしいのか?”

手紙の素晴らしいところ、他のツールにないものって何かな?と考えたとき、”日本人特有のわざわざ感”なんじゃないかと思うんです。



”手紙特有のわざわざ感って?”

スマホやPCを使えば、今回貰った文章だと10分くらいあれば、書ける内容です。

最悪、コピーアンドペーストすれば、言葉を伝えられます。


でも…



そんな文章って味気なくないですか?

『誰にでもいってるんだろうな。』

とか、

サラッと流されてしまうんじゃないでしょうか。

手紙を書く=めんどくさい

ですが、
書くという行為には、その人の思いや、考えがのっかるのではないか?と思うのです。


これから、ブログを書く際にも、
手を抜かず、丁寧に丁寧に自分の考え、自分の思いを文章にのせていきます。

”手紙を貰ったことで僕が変わったこと”


自分はこの手紙をみて、気持ちが変わりました。
 

部署の規模とか、場所とか、内容とか関係ない。
 
自分の仕事は『気持ちよく働いて貰う為に、何ができるかを考えること。それを実行すること。』だと。

このお手紙を見て、この気持ちを忘れないようにしたいと思います。

有るを尽くす

関連記事