読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しき人間の日々〜そのぬくもりに用があるBlog〜

意識高い系が本当に意識高い人間となるまでのBlogです。毎日を充実させるために書いていきます。/evernote/グルメ/音楽/断捨離/東京/福岡/生まれた所は関係ない! 本当に必要なスポットは、いつもそいつの目の前にある!

一対一を決める難しさ〜FWを見る目が変わった〜

実際にプレーすることで、得られるものがたくさんありました。

僕(@steavejobs0814)はキーパーと一対一となった場面が二回ありました。

f:id:steavejobs0814:20150423104817j:image

一回目は、
股下を抜こうとするも、阻まれました。
自分のイメージ通りのプレーができたものの、キーパーに上手く間合いをつめられ、股下を抜くことが出来ませんでした。

二回目は
味方のパスに上手く抜け出せたのですが、ファーストタッチが少し大きくなってしまいました。その分キーパーに間合いを詰めらてしまい、自分の中で焦りがでてしまいました。焦りから、イメージのボールが蹴ることができず、またしても、キーパーに阻まれてしまいました。

一対一を決めるのは難しい。

今回のフットサルで感じたのは、FWの大変さ、スゴさです。

僕ら、素人は、日本代表やJリーグの試合で、選手が一対一をはずすと、

『◯◯何やってんだ!』『それぐらい、決めろよ!』と批判していました。

jリーガー、トップ選手は決めたら英雄です。でも、一対一を決めなければ、外せば、マスコミ、ファンから叩かれます。

ギリギリの戦いを常にしているんです。

だから、ファンから一対一は決めて当たり前という風潮の中で、平然と決める選手はホントにスゴいなと。

だから、僕たちは彼らをリスペクトしないといけないんですよね。

結果論を言うことは、誰にでもできるし、アラ探しをすれば、批判なんていくらでもでます。

f:id:steavejobs0814:20150423104918j:image

”これからの自分に生かしたいこと”

結果をみて、プロの方々は判断されます。
僕も、社会人2年目ですが、常に
”仕事のプロ”でありたい。

当たり前のことを、きちんと、ちゃんと
やること。

毎日の退屈なルーティーンをいかに仕組み化、ゲーム化するか?

常に考えたいです。

そして、プロの方々のように仕事でも、フットサルでも一対一の場面で常に勝ちたいと思います。

有る尽くす

関連記事




(@steavejobs0814)
フォローお願いします!